カードローンは転職した事実を調査する?

〇貸金業者のカードローン

貸金業者のカードローンを契約したときに明記されていますが、転職した場合速やかに貸金業者に報告する義務が発生します。
よって報告することをおすすめします。また貸金業者が利用者の職業を再び調査するといったことは、利用している人の許可がなければしません。
よって転職したことを調査することはありません。
仮に調査するとなれば、カードローンの限度枠を増やすときに審査を行うことになりますが、そのために在籍確認をするときくらいでしょう。
また返済を怠っているケースも考えられます。


〇真面目にカードローンを利用

真面目にカードローンを利用しているのであれば、職場に連絡が掛かってくることはありません。
たとえ転職をした事実を報告していない状況であっても、返済が遅れていない、そして限度枠を利用者側から申請していないのであれば職場に連絡が来ることはありません。
基本貸金業者は何かあった場合は、まず本人に直接連絡が取れる携帯電話に連絡をしてきます。
いきなり自宅や職場に掛けてくることはないです。


〇貸金業者が直接調査することはありません

貸金業者が直接調査することはありませんが、転職したのであればなるべく連絡をする方が良いでしょう。
勤続年数によって限度枠も変わりますが、審査にとって他に大切な項目として年収があります。
職を変えたことにより年収は増えた場合、限度枠が増える可能性もあります。
素直に報告することで利用者にとって得をすることがありますので、契約通り定められたように行動することをおすすめします。