カードローンの契約は担保保証人が原則不要

《貸金業者が提供しているカードローン》

貸金業者が提供しているカードローンを契約するときにいろいろと条件が発生しますが、そのなかでも原則不要というものはあります。
それは担保と保証人です。担保は土地、そして保証人は返済責任を保証して、返済が困難になった場合それを債権回収にあてるというシステムになります。
原則貸金業者が提供しているカードローンでは、必要ありません。


《大きな金額のキャッシング》

この理由としてたとえ大きな金額のキャッシングとなった場合、貸金業者が融資する金額は数百万円程度のお金です。
また担保と保証人が必要という契約をカードローンに設けてしまうと、最大のカードローンメリットである早く契約できるという利便性を失うことになります。
そのようなものを求めている消費者も多く、そしてカードローンもそれを提供している貸金業者です。よって利便性を生むために原則不要になっています。
また保証人をつけるようなことになると、なかなか名乗り出てくれる人もいません。
そして担保といってもそれに該当する資産を抱えている人も少ないですので、消費者金融を代表する貸金業者には不似合いになるでしょう。


《金額が高い場合》

しかしそれでも、金額が高い場合は銀行などで求められることもあります。
しかし原則カードローンを利用してキャッシングをするのであれば必要ありません。
身分を証明する書類と働いていることが条件になっている貸金業者が多いです。
身分証明書と毎月一定の決められた給与があるという事実は、返済することができる証明として利用していることになるでしょう。