カードローンの上限金利が高いのは要注意

〇利息が安いほうが良い

カードローンは利息が安いほうが良いものです。
カードローン選びをする時は各社の上限金利を見て、もし高い設定になっているなら要注意です。
どんなカードローンもその会社における利率の設定は一番低い利率から一番高い利率までが公表されていますが、その中でも注目したいのは上限の金利です。


〇総量規制

これは総量規制において100万を境として上なら15%で下なら18%という決まりがありますが、基本的に上限で18%は良く見かける利率であると共にかなり高い利率なので覚えておきましょう。
同じ18%でも元金が大きいかどうかでもかなり負担は変わってきます。
99万で18%は非常に利息の負担が大きいですし、5万で18%なら大した利息ではありません。
要注意なのが高額な金額を借りる時に金利が高いことです。
どちらかと言えば少額を借りる場合は別に18%という利率は大した利息にならないので、あまり気にする必要がありませんが、大きな金額を借りる場合はしっかりと低金利になっているカードローンを選んでおかなければ返済がとても大変になります。


〇利息のシミュレーション

先にどのくらいの利息になるのかをシミュレーションしておくのが良いです。
利息を計算する時は自分が借りたい限度額において、最大までお金を借りた時をシミュレーションしておきましょう。
そうしなければカードローンで借り過ぎてしまった時に大変な事になることがあります。
利息をシミュレーションしておけば返済計画をうまく考えることが出来ます。