カードローンで審査に落ちた原因を探る

《条件を満たした人がキャッシング》

カードローンは誰でも利用できるというものではなく、条件を満たした人がキャッシングすることができます。
よって申し込んだけれど審査に落ちたという人も当然います。
カードローンの審査に落ちた原因は、わかりやすいものですので、審査を受ける前に自分が該当するのか?よく検討して申し込むようにしましょう。


《他社から借りている場合》

まず他社から借りている場合、そして返済を怠ったことが数年以内にあるケースは融資を受けることができないことが多いです。
これらの情報がなぜわかるのかというと、貸金業者は申し込みがあった場合、金融情報を収めている個人情報機関に照合して申し込み者の与信を調べます。
この人にお金を貸しても返済してもらえるのだろうか?ということを総合的に判断して貸金業者はお金を貸し出しますので、この与信がなければ当然融資を受けることができません。
また貸金業者に申込みをした事実というのも、この機関に情報が収められます。
いわゆる申し込みブラックということになり、この人はお金に困っていてお金を用意するために奔走していると判断し、融資を実行するのは危ないと判断されます。


《カードローンの審査》

カードローンの審査に落ちたということは、もうどこからも借りることができない人と、違う貸金業者であれば借りられるケースもあります。
また貸金業法の関係で総量規制といって、消費者金融からは年収の3分の1以上はキャッシングできない法律がありますので、そのようなものを照らし合わせて自分の与信を判断するようにしてください。