カードローンの上限金利が高いのは要注意

〇利息が安いほうが良い

カードローンは利息が安いほうが良いものです。
カードローン選びをする時は各社の上限金利を見て、もし高い設定になっているなら要注意です。
どんなカードローンもその会社における利率の設定は一番低い利率から一番高い利率までが公表されていますが、その中でも注目したいのは上限の金利です。


〇総量規制

これは総量規制において100万を境として上なら15%で下なら18%という決まりがありますが、基本的に上限で18%は良く見かける利率であると共にかなり高い利率なので覚えておきましょう。
同じ18%でも元金が大きいかどうかでもかなり負担は変わってきます。
99万で18%は非常に利息の負担が大きいですし、5万で18%なら大した利息ではありません。
要注意なのが高額な金額を借りる時に金利が高いことです。
どちらかと言えば少額を借りる場合は別に18%という利率は大した利息にならないので、あまり気にする必要がありませんが、大きな金額を借りる場合はしっかりと低金利になっているカードローンを選んでおかなければ返済がとても大変になります。


〇利息のシミュレーション

先にどのくらいの利息になるのかをシミュレーションしておくのが良いです。
利息を計算する時は自分が借りたい限度額において、最大までお金を借りた時をシミュレーションしておきましょう。
そうしなければカードローンで借り過ぎてしまった時に大変な事になることがあります。
利息をシミュレーションしておけば返済計画をうまく考えることが出来ます。

カードローンの審査結果の連絡の受け方

カードローンは審査を受けることになり、その連絡はどうやって受けるのかと言いますといくつかの方法があります。


〇基本的に審査結果はこのどれかの方法から知る

郵送物でお知らせが来る、申込時に提出した電話番号やメールアドレスに連絡が来る、基本的に審査結果はこのどれかの方法から知ることになります。
カードローンの審査結果については申込先の会社がその方法を指定していることがありますし、いくつかの方法に対応している会社であればカードローンを申し込む時に自分にとって都合の良い方法を備考欄などに記載しておけば良いです。


〇審査結果を知る

別にどのような方法でもしっかりと審査結果を知ることは出来るのであまり心配する必要はありません。
この点について非常に方法が気になる人は家族に内緒でカードローンを利用したい人や即日融資ですぐにでも結果を知りたいなど、何かの理由があるものです。
そうした場合、申込時に携帯電話に連絡をしてほしいと希望を出しておきましょう。
多くの金融会社は基本的に審査結果の連絡は電話が多いです。


〇申込時に提出

携帯電話を持っているならその番号を申込時に提出しておけば良いです。
ちなみに家族に内緒でカードローンを申し込むなら固定電話や住所の確認のために自宅に電話されることがありますが、この時はしっかりと金融会社は配慮してくれるので心配ありません。
金融会社の名前から電話をすることもありますが、個人名で電話をかけてくれることが大半なので、家族が電話に対応してもカードローンだと気付かれる可能性は低いです。

カードローンで会社の給与を差し押さえされるケース

〇カードローンでキャッシング

カードローンでキャッシングし返済を怠っていれば、いつかは貸金業者も動くことになるでしょう。
返済を怠っている人が恐れる事態というのは、会社の給与を差し押さえられるケースになります。
すべてというわけではありませんが、生活するのに十分な金額を残して搾取されることになるでしょう。
これは裁判所から支払督促状が送られて強制力を持ちますので、決して抗えません。


〇先手を打つことが大切

カードローンを利用している人ができることといえば、そうならないためにまず先手を打つことが大切です。
会社の給与を差し押さえられるということは、会社に通達がいくことになります。
最近は個人情報保護法の観点から安易に個人の情報を漏らしてはいけないことになっていますので少なくなりましたが、いつか同僚に発覚することも考えられます。
そのような事態になってしまうと会社に居づらくなり、転職を検討することもあり得ます。
借金問題は生活を破綻させるケースが多いですので、そのようなことがならないために自ら積極的に動くようにしましょう。


〇カードローンの返済

カードローンの返済ができなくなり、差し押さえされる事態になる人の多くは、貸金業者からの連絡を逃げたことが原因です。
謙虚に現在払えない事情を自ら説明し、そしていつどのくらい支払えるのかを誠実に説明することで解決することが多いです。
正規の貸金業者も違法な取り立てが禁止されていますので、手荒な真似はしません。
利用者のその謙虚な姿勢を必ず評価して待ってくれるケースが多いです。
しっかり催促に対応するようにしてください。

カードローンは転職した事実を調査する?

〇貸金業者のカードローン

貸金業者のカードローンを契約したときに明記されていますが、転職した場合速やかに貸金業者に報告する義務が発生します。
よって報告することをおすすめします。また貸金業者が利用者の職業を再び調査するといったことは、利用している人の許可がなければしません。
よって転職したことを調査することはありません。
仮に調査するとなれば、カードローンの限度枠を増やすときに審査を行うことになりますが、そのために在籍確認をするときくらいでしょう。
また返済を怠っているケースも考えられます。


〇真面目にカードローンを利用

真面目にカードローンを利用しているのであれば、職場に連絡が掛かってくることはありません。
たとえ転職をした事実を報告していない状況であっても、返済が遅れていない、そして限度枠を利用者側から申請していないのであれば職場に連絡が来ることはありません。
基本貸金業者は何かあった場合は、まず本人に直接連絡が取れる携帯電話に連絡をしてきます。
いきなり自宅や職場に掛けてくることはないです。


〇貸金業者が直接調査することはありません

貸金業者が直接調査することはありませんが、転職したのであればなるべく連絡をする方が良いでしょう。
勤続年数によって限度枠も変わりますが、審査にとって他に大切な項目として年収があります。
職を変えたことにより年収は増えた場合、限度枠が増える可能性もあります。
素直に報告することで利用者にとって得をすることがありますので、契約通り定められたように行動することをおすすめします。

カードローンはおまとめした方が得策なのか

〇返済のためにまた別の所から借りる

いくつもの金融業者から少額ずつカードローンを借りていて、返済のためにまた別の所から借りるということを繰り返している方は意外にたくさんいます。
これは多重債務の状態で、金融業者側からも敬遠されやすく、いきなりカードがストップされたりする可能性が高い状態です。


〇借りている箇所が3か所を超えると

借りている額は総量規制に引っ掛からないくらいの額であっても、借りている箇所が3か所を超えると支払い能力に問題アリと看做されてしまうのです。
ですから、カードローンを複数個所から借りているのなら、早めにおまとめしてしまった方が得策です。
1か所にまとめると複数の業者に払っていた金利が一つになってその分節約できますから、月々の返済額が安くなります。
そして、いきなりカードローンがストップされるという危機からとりあえずは脱出できることになります。
しかし、あまりに借入箇所が増えすぎると、おまとめの審査自体に通らなくなってしまいます。


〇既に4か所以上から借りてしまっている場合

もう既に4か所以上から借りてしまっている場合などは、落される可能性の方が高くなってきます。
この審査に落ちたという履歴も信用情報にしっかり残ってしまうので、手当たり次第に借り換え審査を受けるのはあまり得策とは言えません。
おまとめの審査に落ちたら、支払能力に問題アリと看做されたということになりますから、いきなりカードをストップされる危険性が高まります。
ですから、完全に首が回らない状態に陥る前に行動に移すということが重要となります。”